Home JPop Lyrics しなまゆ – 陽だまりの子 歌詞

しなまゆ – 陽だまりの子 歌詞

君きみ が 笑わら ってくれるから
僕ぼく もつられて 笑わら った
まっすぐなその 瞳ひとみ に
僕ぼく は 何度なんど も 救すく われたんだ

ひとりぼっちじゃないんだと
今いま なら 胸むね を 張は れるよ

この 世界せかい にただひとりの
君きみ のしあわせを 願ねが うよ
つらいとき 泣な きたいときは
どうか 僕ぼく を 思おも い 出だ してください

その 笑顔えがお はたくさんの 人ひと を
しあわせにするちからがあるよ
やさしい 陽ひ だまりのような
ぬくもりを 絶た やさぬように

日陰ひかげ に 咲さ く 花はな でさえも
等ひと しく 包つつ み 込こ むような
大おお きなそのやさしさに
僕ぼく は 心こころ 惹ひ かれていった

誰だれ かを 想おも う 気持きも ち
愛あい し 方かた 教おし えてくれた

この 世界せかい にただひとりの
君きみ とめぐり 会あ えたことは
特別とくべつ な 意味いみ があるんだ
ずっと 君きみ を 大切たいせつ にするよ

その 笑顔えがお を 守まも るために
僕ぼく は 生う まれてきたんだろう
やさしい 陽ひ だまりのような
ぬくもりを 絶た やさぬように

この 世界せかい にただひとりの
君きみ のしあわせを 願ねが うよ
つらいとき 泣な きたいときは
どうか 僕ぼく を 思おも い 出だ してください

その 笑顔えがお はたくさんの 人ひと を
しあわせにするちからがあるよ
やさしい 陽ひ だまりのような
ぬくもりを 絶た やさぬように

絶た やさぬように