Home JPop Lyrics やなぎなぎ 恋文 歌詞

やなぎなぎ 恋文 歌詞

手をつないで歩くこと ただそれだけも出来なくて
戻れない時は過ぎて そのまま終わる気がしてた
二人歩く帰り道 終わらず続いてほしくて
道の傍(はた)に咲くような 青い花一つ

消失点の境目に あなたの姿が映る
私の暗い部屋の窓辺 暖かな光射した

忘れた時の彼方に すべてが置き去られても
ずっと大好きだから忘れないよ 今はたださようならだけ

今ここで生きていること あなたが教えてくれたね
例えどんな過酷でも 二人でいれば笑えると
いつかこの世が終わって 二人別れてしまっても
いつかきっとまた逢える あなたはそう言った

終わりが来る星の中で 青い光探してる
私の心に重なって あなたの鼓動聞こえた

静かな夜の波頭に いつもの朝が消えても
ここでいつまでだって名前呼ぶよ 胸にひとつある傷も

手のひらに落ちる雫 きっと指から流れる
そんな悲しみだって変えてゆける あなたを想うと

ここに残る歌の中 記憶伝わる気がした
私がずっと伝え続けるのは ただひとつ想い乗せ
「愛してる」それだけです