Home JPop Lyrics アルカラ – 如月に彼女 歌詞

アルカラ – 如月に彼女 歌詞

窓まど が 開ひら いた 眺ながめ むる 下弦かげん の 月つき
あの 日ひ から 何なに か 違ちが う 気配けはい
夜更よふ け 前まえ には 辿たど りついた この 部屋へや
空から っぽになってしまった 鳥籠とりかご

如月きさらぎ の 夜よる そっと 淡あわ く
めぐりゆく 季節きせつ の 中なか で
若わか 過す ぎた 感覚かんかく も 錯覚さっかく も きっと

エナメルのような 彼女かのじょ はロマンス
めくるめく 季節きせつ の 中なか で
変か わっていく 変か わっていく きっと

外そと はなき 声こえ うかれ 猫ねこ 冴返さえかえ り
こんな 日ひ がやがてくる 気き がした
夜明よあ け 前まえ には あとにする 部屋へや
空から っぽになってしまったまま

如月きさらぎ の 夜よる そっと 淡あわ く
めぐりゆく 季節きせつ の 中なか で
恥は じらうその 姿すがた 笑わら い 声ごえ も きっと

エナメルのような 彼女かのじょ はロマンス
めくるめく 季節きせつ の 中なか へ
消き えていく 消き えていく きっと

2 月がつ の 空そら 儚はかな く 澄す みきった
どこからか 渡わた り 鳥どり やってきて
春はる には ほら 何気なにげ なく 去さ っていく
空から っぽになってしまった 鳥籠とりかご

色いろ づき 始はじ めた ほのかに
昨日きのう までと 少すこ し 違ちが う 夜明よあ けが
悲かな しくもなんだか 眩まぶ しい

如月きさらぎ の 夜よる そっと 淡あわ く
めぐりゆく 季節きせつ の 中なか で
若わか 過す ぎた 感覚かんかく も 錯覚さっかく も きっと

エナメルのような 彼女かのじょ はロマンス
めくるめく 季節きせつ の 中なか で
変か わっていく 変か わっていく きっと

窓まど が 開ひら いた 眺なが める 下弦かげん の 月つき
空から っぽになってしまった 鳥籠とりかご