JP & KP 歌詞

Mangalyrics

ハルカトミユキ – 嵐の舟 歌詞

calendar

この 夜よる がこんなに 暗くら いのは
あなたがもうここにいないから
本当ほんとう の 闇やみ に 包つつ まれてた
生う まれて 初はじ めて

昨日きのう の 寒さむ さが 嘘うそ みたいに
街まち はおだやかに 動うご き 出だ して
私わたし は 座すわ って 見み つめていた
止と まらない 季節きせつ を

嵐あらし の 舟ふね になって
あなたを 乗の せてゆく
砂漠さばく の 雨あめ になって
あなたに 降ふ り 注そそ ぐ
捧ささ げた 命いのち も
要い らないと 言い うのなら
今いま の 私わたし には
死し ぬ 価値かち すら 無な い
失な くした 何なに かを 探さが し 嘆なげ くより
通つう じ 合あ った 一瞬いっしゅん を 抱だ いて

立た ち 上あ がり 去さ って 行い く 背中せなか は
まるで 初はじ めて 会あ った 日ひ のように
知し らない 予感よかん に 満み ちていたけど
全すべ ては 変か わった

それは 愛あい じゃないと
間違まちが いだと 言い うけれど
正ただ しい 愛あい など
どこにあるというの?
こんな 風かぜ に 人ひと を
想おも ってしまうことを
一度いちど 知し ったなら
忘わす れられないでしょう
消き えそうなものに 怯おび えてしまうより
ここにあった 一瞬いっしゅん を 抱だ いて

嵐あらし の 舟ふね になって
あなたを 乗の せてゆく
砂漠さばく の 雨あめ になって
あなたに 降ふ り 注そそ ぐ
捧ささ げた 命いのち も
要い らないと 言い うのなら
今いま の 私わたし には
死し ぬ 価値かち すら 無な い

それは 愛あい じゃないと
間違まちが いだと 言い うけれど
正ただ しい 愛あい など
どこにあるというの?
こんな 風かぜ に 人ひと を
想おも ってしまうことを
一度いちど 知し ったなら
忘わす れられないでしょう

失な くした 何なに かを 探さが し 嘆なげ くより
通つう じ 合あ った 一瞬いっしゅん を 抱だ いて

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする