JP & KP 歌詞

Mangalyrics

ハルカトミユキ – 終わりの始まり 歌詞

calendar

冷さ めた 表情ひょうじょう 鈍にぶ る 感情かんじょう
錆さ びた 街灯がいとう に 虫むし が 群むら がる
薄暗うすぐら い 道みち の 先さき に
崖がけ があっても 誰だれ も 気き が 付つ けない

oh yeah
何なに かおかしいと 思おも ってたけど
戻もど れない

自分じぶん よりも 苦くる しい 人ひと に
苦くる しいなんてとても 言い えないよ
飲の み 込こ んで 押お し 殺ころ した
いつかコップは 溢あふ れてしまった

つぎはぎで 繋つな いだ 明日あした は
穴あな だらけだなんて 知し っていた
精一杯せいいっぱい 耐た えている
もうこれ 以上いじょう 動うご けないようだ

正直者しょうじきもの が 馬鹿ばか を 見み る
それならいっそ 先さき に 裏切うらぎ ろう
愛あい をくれた 人ひと さえも
いつの 日ひ か 突つ き 落お とすんだろう

手遅ておく れな 期待きたい の 欠片かけら を
必死ひっし で 守まも ってるあの 子こ を 見み て
馬鹿ばか だって 惨みじ めだって
責せ めも 笑わら いもできなかった

揚あ げ 足あし とるたびに 穢けが れてく
だけど 壊こわ れそうで 仕方しかた がない
標的ひょうてき を 探さが している
もっと 酷むご い 顔かお を 見み せてくれ

oh yeah
キリのない 鬼おに ごっこ
捕つか まってしまえば
ああ 次つぎ は 僕ぼく がやられる 番ばん だ
息いき を 止と めろ

限界げんかい だ 全部ぜんぶ
殺ころ されてしまったみんな
麻酔ますい が 効き いちゃって
不幸ふしあわ せが 大好だいす きだ
「お 前まえ みたいにだけは
なりたくないよ」って
あの 日ひ の 僕ぼく が 吐は き 捨す てて 消き えた

大丈夫だいじょうぶ 、 頑張がんば れよ
我慢がまん 比くら べで 世界せかい を 回まわ して
その 結果けっか どうなった
血走ちばし ったこの 目め は 何なん だろう

考かんが えない 方ほう が 平和へいわ
諦あきら めることだけが 上手うま くなる
気持きも ち 悪わる い だけど 言い えない
変へん なのは 自分じぶん だって 言い い 聞き かす

oh yeah
逃に げ 場ば ないかくれんぼ
捕つか まってしまえば
ああ 次つぎ は 君きみ がやられる 番ばん だ
顔かお を 隠かく して

限界げんかい だ 全部ぜんぶ
殺ころ されてしまったみんな
麻酔ますい が 効き いちゃって
不幸ふしあわ せが 大好だいす きだ
「お 前まえ みたいにだけは
なりたくないよ」って
あの 日ひ の 僕ぼく が 吐は き 捨す てて 消き えた

もういいかい まあだだよ
もういいかい もういいよ
もういいかい まあだだよ
もういいかい もういいかい

もういいかい まあだだよ
もういいかい もういいよ
もういいかい まあだだよ

もういいよ もういいよ
もういいよ もういいよ
もういいよ

冷さ めた 表情ひょうじょう 鈍にぶ る 感情かんじょう
錆さ びた 街灯がいとう に 虫むし が 群むら がる
薄暗うすぐら い 道みち の 先さき に
崖がけ があっても 誰だれ も 気き が 付つ けない

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする