Home JPop Lyrics 君に届くまで – Little Glee Monster 歌詞

君に届くまで – Little Glee Monster 歌詞

制服でいつも歩いていた 河川敷ひとり寝転んだ
あの頃から少しくらいは いま大人になれているかな

いつだって追いかけてばかり 熱い夢や甘い恋の
後ろ姿しか見えなくて いつも不安で

なぜか素直でいることが
子供みたいに思えて
本当の気持ちを隠した 悪い癖でしょ
どこに隠したのかも 忘れそう
笑うなら 笑ってよ

すれ違う想い 太陽が照らす
いびつな心も輝けるように
乱反射を 繰り返して 一縷の光 君に届け
吹き抜ける風に あたらしい私
ほどいたばかりの 髪をなびかせて
目を閉じれば 見える世界
広げた腕を 翼に変えて

足元のボール拾い上げて
笑顔で投げ返したけど
走って来た少年の頭上
彼方に消えた

胸の真っ直ぐな気持ちを
どこに投げたらいいのか
本当はいつでも分かってる なのに届かない
なぜか意識しすぎて ぎこちない
笑うなら 笑ってよ

高架線の上 電車が過ぎてく
あの頃の私 乗せて連れ去って
もし私が 変われるなら
今日の気がして 空を見上げた

失えないものを 胸の奥 思い浮かぶままに
数えていた 君が何度も 浮かんで来る Ah

すれ違う想い 太陽が照らす
いびつな心も 輝けるように
乱反射を 繰り返して 一縷の光 君に届け
吹き抜ける風に あたらしい私
ほどいたばかりの 髪をなびかせて
目を閉じれば 見える世界
広げた腕を 翼に変えて
明日へ 飛び立て