JP & KP 歌詞

Mangalyrics

小松未可子 – 流れ星じゃないから 歌詞

calendar

綺麗きれい だったね
あれはもう 過す ぎた 季節きせつ
電車でんしゃ の 窓まど 遠とお くに 見み える 突然とつぜん の 花火はなび

もしかしたら 間ま に 合あ うかもしれない
乗の り 換か えてもわからなくて
ホームでただ 立た ち 止ど まって
小ちい さな 光ひかり を ずっと 無言むごん のまま 眺なが めてた

流なが れ 星ぼし じゃないけど
聞き いて 私わたし の 願ねが いごとをひとつ
このまま 大事だいじ な 人ひと の 側そば にいたい
いつまでも 側そば にいたい

だけど 気持きも ちすれ 違ちが い 始はじ めてたの
気き づいたとき 思おも い 出だ した
美うつく しく 消き えていった 花火はなび
あの 日ひ はもう 届とど かない 場所ばしょ にある

流なが れ 星ぼし じゃなかった
きっとさ 欲張よくば りな 私わたし が 悪わる いんだね
いつでも 大事だいじ な 人ひと を 見失みうしな ってしまうのはどうしてよ?

答こた えがない 夜空よぞら が 今日きょう も
星座せいざ を 浮う かべて 廻まわ るよ
泣な けてきたら 泣な いてみようか 素直すなお になりたくて

流なが れ 星ぼし じゃない 輝かがや きは
心こころ の 中なか で 色いろ あせない
近ちか づけないままの 光ひかり よ いまも 胸むね を 照て らして
楽たの しかったと 言い っても 届とど かない
願ねが いごとは 流なが れ 星ぼし じゃないから 叶かな わない

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする