Home JPop Lyrics 小田代直子 – 荒くれ度胸船 歌詞

小田代直子 – 荒くれ度胸船 歌詞

作詞:新條カオル
作曲:聖川湧

船のデッキを 雪空(そら)から叩く
暴れて吼えてる 喧嘩波
面舵取舵 度胸でさばき
網をぶち込む 男の漁場
女房子供が 命綱
五臓六腑を(ぐいと!) 締める神酒(さけ)

痛みなんかは 仕事で飛ばす
鍛えた二の腕 血が滲む
百戦錬磨の 荒くれ船も
南無や八幡 大漁祈願
女房子供の 飯のため
凍れ漁場の(ぐいと!) ど真ン中

鴎騒げば 勝負の海だ
破れた網ほど 愛しいぜ
生きてる魚が 激しく踊り
銀鱗(ぎん)の花咲く 男の漁場
女房子供が 待つ港
沖の土産だ(ぐいと!) 大漁旗