JP & KP 歌詞

Mangalyrics

小野大輔 – 花火 歌詞

calendar

台風たいふう が 過す ぎて 街まち は 風かぜ を 感かん じていた
僕ぼく は 急いそ ぎ 足あし で 人波ひとなみ をかき 分わ けた
東京とうきょう の 空そら に 今夜こんや 花はな が 咲さ くらしい
空そら は 待ま ちわびている 雲くも ひとつないまま

忙いそが しい 毎日まいにち に 追お われて 眠ねむ るだけ
それらしい 言い い 訳わけ で 置お き 去ざ りにしてる 夢ゆめ の 跡あと

誰だれ もが 優やさ しいけれど 誰だれ もが 寂さび しいから
居心地いごこち の 良よ い 場所ばしょ にそっと 流なが れている
僕ぼく らはあてもなくて 何なに かに 寄よ り 添そ うから
あの 日ひ 見み た 花火はなび 思おも い 出だ して

大人おとな になっていく
それに 気付きづ かず 空そら を 見上みあ げてた
振ふ り 返かえ る 暇ひま もないままに

溢あふ れ 出だ す 人ひと は 楽たの しそうに 歩ある いてる
僕ぼく は 何なに かを 探さが して 走はし り 出だ していたんだ

何なに 食く わぬ 表情ひょうじょう で 日々ひび を 過す ごしている
忘わす れられないのに 忘わす れたフリしている 夢ゆめ の 先さき

明日あした もまた 続つづ いていく 今日きょう の 続つづ きだけを
知し らず 知し らずの 内ない にきっと 繰く り 返かえ してる
僕ぼく らはそれでもまだ 何なに かを 信しん じたいから
打う ち 上あ がる 花火はなび 眺なが めてた

色いろ とりどりの
花はな が 咲さ いている 空そら に 見惚みと れてた
あの 頃ころ の 僕ぼく に 会あ いにいく

確たし かに 聞き いていた 夏なつ が 終お わる 音おと
繰く り 返かえ し 鳴な り 響ひび く 胸むね の 奥おく を 締し め 付つ ける 音おと だった

誰だれ もが 優やさ しいけれど 誰だれ もが 寂さび しいから
居心地いごこち の 良よ い 場所ばしょ にそっと 流なが れるけど
僕ぼく らはあてもなくて 何なに かに 寄よ り 添そ うから
あの 日ひ 見み た 花火はなび 思おも い 出だ して

大人おとな になっていく
それに 気付きづ かず 空そら を 見上みあ げてた
振ふ り 返かえ る 暇ひま もないのなら 前まえ を 見み て 歩ある こう

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする