Home JPop Lyrics 岡崎体育 – 弱者 歌詞

岡崎体育 – 弱者 歌詞

作詞:岡崎体育
作曲:岡崎体育

20XX年 春の京都 軋む近鉄電車 レールの音
所得低いのに無理をして 奨学金でUniversity
ピッカピカの1年生でも実家志向で送る人生
キャンパスライフひとりぼっちイヤフォンからはDeath Cab For Cutie
サークル勧誘 代返常習
馴染めない奴が淘汰されていく Give me a technic
皆が皆 同じ感じ シンクロナイズドファッションセンス
かく言う俺も同じ感じ 辛気臭いクソラップ&ヴァースで
スクラップできたらいいのにな 本当は愛されたい はぁ
脊髄反射的に不敵に無責任に闊歩して面恥切ってBreak
別に参加したくない飲み会 後悔目に見えてるよ
慣れんな 戯れんな ほたえんな 俺は強くない

I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター
I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター

フレッシュ 二万で揃えた上下のリクルートスーツ似合わん
学生課就活相談では 求人採用びっしり膨大
でも頼れるOBもOGもいないから結局無論アローン
愚弄を貪り惨めに肥えた終身名誉一匹狼

足の裏フニャクチャにふやけるまで感傷の泉に浸ろう
伝家の宝刀愛想笑いも壕の底の金庫に仕舞おう
もう俺のハートはピーナッツみたいに真ん中で綺麗に割れた
ザッザッザ パーン はいリスポーン なんてことはリアルにはないから

汗を拭け その切り傷みたいな狐眼で滅ぼせ
脆弱貧弱きっちり沈着 内野も外野も What you gonna do
粋んな 沿うな 狼狽えんな 俺は強くない

I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター
I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター

そう俺の眼はバリケードじゃなくきっと堰堤なんだ
貴様等に俺の尊厳がドボドボと流れ落ちないように
怯え上げた成れの果て 檻へ入れた慣れの盾
もう誰も見ていないぞ

I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター
I am a 弱者 所詮三下 磨きをかけてかけていく拍車
Oh 弱者 壊して 浅めのターンで張ったリフレクター