Home JPop Lyrics 帰路 – ゆいにしお 歌詞

帰路 – ゆいにしお 歌詞

あんなに好きだった人
忘れるってことは
ないんじゃないのって
言いたげなガラスの顔 終電の一本前
そんなに好きだった人
掠れるってことは
いないんじゃないのって
意味ありげに話すのさ
もう日付の一歩前

あなたの家に近い駅が遠ざかって
思い出は長い帰路になる
私の家に近い駅は近づいて
巡る辿る君について
忘れられずまた戻ってきた

家に帰って レコードをかけて
やかんに火をかけて
コーヒー淹れよう
あなたに向き合って 歌を歌った
私のためにちょっと泣いた
帰路に白い息を吐く

隣人がよかったから
あえてチャイムを押さずに
薄い隔たりだけ感じていた
君が良かったから
契約を更新しなきゃ
そうだねもうさよならの季節だね

終に好きになったら同じ部屋に
居たいって思い、でも互いに違い
ふたり無駄に暗い場所にいたり
対になれなくて泣いてたり
なのに忘れてしまったから

家に帰って 靴を脱いで
ベットに身を投げて
眠りに落ちたら
あなたに向き合ったことを忘れて
私はまた泣くんだ
帰路は長く続いている

足音が私のメッセージ
アンダンテに呼吸も整えて

家に帰って 君のこと
泡みたいに思えた
バスタブに手をかけて
あなたがひどいことしたけど
いけないのは私
帰路は 並んで歩いた帰路は

家に帰って レコードかけて
やかんに火をかけて
コーヒー淹れよう
あなたに向き合った 歌を歌った
私のためにちょっと泣いた
帰路は細く続いている