Home JPop Lyrics 斉藤和義 – 青空ばかり 歌詞

斉藤和義 – 青空ばかり 歌詞

青空ばかり 歌詞 by 斉藤和義

作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義

青空ばかりをずっと見ていたら
雨が恋しくて傘をさしてみた
一人浮いちゃって恥ずかしくなって
傘を閉じたとたん雨が降りだした

もっともらしい言葉で誰か教えてよ
そんな横文字じゃなくてさ よくある言葉で

恥かいて べそかいて 汗かいていこう
いつも最後にはなんとかしてきただろ
空振りでも どしゃ降りでも 気にしないで行こう
いつも最後にはどうにかなるさ

星空ばかりをずっと見ていたら
君が恋しくて涙が出てきた
忘れられないよ 時間は経つけど
やっぱり好きだな そこに理由はない

もっともらしい言葉で誰か教えてよ
出会ってしまったんだから しょうがないんだろ?

恥かいて べそかいて 汗かいていこう
いつも最後にはなんとかしてきただろ
空振りでも どしゃ降りでも 譲らないで行こう
いつも最後にはなんとかするさ
いつも最後にはどうにかなるさ