Home JPop Lyrics 日食なつこ – メイフラワー 歌詞

日食なつこ – メイフラワー 歌詞

作詞:日食なつこ
作曲:日食なつこ

思考回路が渦を巻いてあふれ出す PM25:00
聞こえるはずのない汽笛に耳をすまし夜を泳ぐ

魔法なんて起きないことは
重々に承知していた
分かりきっているからこそ
人は余計にそれを欲しがる

憂い 笑い 僕の中身は
形も知らず大波小波
この重荷で泳ぎ切れるかい
距離を図る余裕もなくて

通りすがりの船にしがみつくように乗り込んだ
柔らかい汽笛の音は人の声に似ている気がした

夢で膨れた荷物は
碇より時には重い
誰に預けるつもりもないんだ
ただたまに思う 星が見たい

海原ゆくメイフラワーも
いずれ大陸で止まる
そこからは歩いてゆくから
それまであとひとつ夢を見せて

誰にとって何が海か
何が助け船になるか
朝を告げる汽笛の音は
君の声に似ている気がした

僕を乗せたメイフラワーも
いずれ大陸で止まる
そこからは歩いてゆくから
それまであと、ひとつだけ

朝日を浴びてメイフラワーよ
沈まぬ君よ 愛しい船よ
僕は歩いていけそうだ
碇より重い夢を背負って