Home JPop Lyrics 日食なつこ – 8月32日 歌詞

日食なつこ – 8月32日 歌詞

作詞:日食なつこ
作曲:日食なつこ

日が暮れて開け放った
窓の外空気が表情を変える
狭い部屋 畳におちるオレンジが
見る間に滲んでく

室内灯じりじり焦げて
落ちる夕日に挑むみたいだ
どちらが勝つどっちが負けると
浮世離れをとげたふり

(またそんなこと言って)って
笑う君の声を聞いたような
だめだめ、

夜が来たら星を見ようと
心決めてたはずなのに
外に出たらご覧の雨さ
僕の心の火が消える

どこに逃げても無駄
この街にはそこらじゅうに
さよならした君の残像が
色濃く焼き付きすぎて

夏の月が照らす夜道を
ふらつく僕はかげろうみたいだ
泣き笑いを繰り返す心に
とりあえずはついて歩く

何をしてみても無駄 この街じゅうを駆け巡る
もう帰らぬ君の残響を また追いかけ回すだけ

日が暮れて開け放った
窓の外空気が表情を変える
8月32日は辿りつけなかった夏の向こう

目が覚めたら今日はまだ夏の只中 隣には君
うだるような幸福に犯されて笑う 有り余る夏

そんなふたりの残像が色濃く焼き付きすぎて