Home JPop Lyrics 朝花美穂 – 出世街道旅がらす 歌詞

朝花美穂 – 出世街道旅がらす 歌詞

作詞:原文彦
作曲:宮下健治

夢と根性の 振り分け荷物
野越え山越え なみだを越えて
俺は天下の 鷹になる
出世街道 出世街道、旅がらす

男ってものは
夢に生きて なんぼのものよ
行かなきゃ なるめえ
明日(あした)が俺(おい)らを 呼んでらあ…

ちょいとご法度(はっと) 色恋沙汰は
故郷(くに)を出るとき 誓ったはずさ
惚れたはれたは 呑(の)みこんで
今宵(こよい)我慢の 今宵(こよい)我慢の、月見酒

鳥が塒(ねぐら)に帰るのを見りゃ、
そりゃあ、人恋しくなることもあらあな
おっ母は今頃何してっかなあ…
いけねえ、いけねえ
俺(おら)ぁ天下を取ると決めたんでい

持って生まれた 気っ風の良さと
度胸千両で 掴(つか)んでみせる
どんと来やがれ 向い風
出世街道 出世街道、俺はゆく