Home JPop Lyrics 森口博子 – 鳥籠の少年 歌詞

森口博子 – 鳥籠の少年 歌詞

鳥籠の少年 歌詞 by 森口博子

最果さいは てに 見み た 青あお い 空そら は
光ひか りのない 彷徨さまよ い 人びと よ
何なに も 知し らず 愛あい を 求もと めてる
その 力ちから の 先さき に 待ま つ 未来みらい と

たとえ 一人ひとり になっても
声こえ が 届とど かなくても
あなたの 儚はかな い 思おも い
胸むね の 中なか 感かん じているから

砂漠さばく にそっと 咲さ いた 花はな の 負ま けない 強つよ さ
心こころ を 閉と じ 込こ める 鳥籠とりかご を 壊こわ していくわ
戸惑とまど いながら 広ひろ げてく 孤独こどく な 翼つばさ
愛あい して 失な くしても 跳と べるはきっと

さえずりさえも 聞き こえなくて
分わ かり 合あ えば 争あらそ う 心こころ
もがきながら 時とき が 流なが れてく
人ひと の 波なみ に 取と り 残のこ されようとも

今いま は 答こた えがなくても
誰だれ か 救すく えるのなら
あなたの 目覚めざ める 瞳ひとみ
迷まよ わずに 見み つめあえるから

闇夜やみよ を 照て らす 月明つきあ かり 浮う かんだ 雫しずく
影かげ を 切き り 裂さ いてく 夜明よあ け 望のぞ んだ 願ねが い
傷きず つき 触ふ れる 両手りょうて には 未来みらい の 鼓動こどう
空そら に 響ひび き 渡わた る 届とどけ くわもっと

砂漠さばく にそっと 咲さ いた 花はな の 負ま けない 強つよ さ
心こころ を 閉と じ 込こ める 鳥籠とりかご を 壊こわ していくわ
戸惑とまど いながら 広ひろ げてく 孤独こどく な 翼つばさ
光ひか りが 閉と ざされて
涙なみだ がこぼれても
愛あい して 失な くしても 跳と べるわきっと