Home JPop Lyrics 沈黙 – 神様、僕は気づいてしまった 歌詞

沈黙 – 神様、僕は気づいてしまった 歌詞

曖昧な二人の曖昧な空気で
飽和した部屋では、呼吸すら覚束なくて
脳裏に住み着いた悪い予感を肥らせている
為す術など無いのに

これで終わるのは嫌だったんだ
あなたの眼はずっと私の
愛を、差異を、避け続けるだけ
それでもいい
私についた嘘、突き通してくれたなら
きっと、これまでの全部
何も知らない私を演じよう

羅列した言葉をひとつ拾って
二重線を引いて捨ててを繰り返してる
そして積み上がった「言えなかった言葉」のせいで
あなたが見えなくなる

これで終わるのは嫌だったんだ
幸福を望んでいる私を
切って、裂いて、傷つけないでよ
誰もいない部屋で待っている孤独な夜の焦燥
きっと、これまでの全部
もう二度とは戻ってこないの

朝の光、わたしを溶かしてゆく
埃にまみれた言葉の海へ
固く結んだ口からぽつりと
こぼれた沈黙を

これで終わりだとわかっていて
双眸を閉ざしていた私は
どうして、どうして、何も言えぬまま
これ以上私の醜態を晒してしまう前に
いっそ老猫のように、あなたの前から消えるから