JP & KP 歌詞

Mangalyrics

浦島坂田船 – サマータイムレコード 歌詞

calendar

昨日きのう も 今日きょう も 晴天せいてん で 入道雲にゅうどうぐも を 見み ていた
怠だる いくらいの 快晴かいせい だ 徐おもむろ に 目め を 閉と じて
「それ」はどうも 簡単かんたん に 思おも い 出だ せやしない 様よう で
年とし を 取と った 現状げんじょう に 浸ひた ってたんだよ

大人おとな ぶった 作戦さくせん で 不思議ふしぎ な 合図あいず 立た てて
「 行い こうか、 今日きょう も 戦争せんそう だ」 立た ち 向む かって 手て を 取と った
理不尽りふじん なんて 当然とうぜん で 独ひと りぼっち 強し いられて
迷まよ った 僕ぼく は 憂鬱ゆううつ になりそうになってさ

背せ 高草たかくさ を 分わ けて 滲にじ む 太陽たいよう 睨にら んで
君きみ はさ、こう 言い ったんだ「 孤独こどく だったら、おいでよ」
騒さわ がしさがノックして 生う まれた 感情かんじょう さえも
頭あたま に 浮う かんでは 萎しぼ んだ「 幻まぼろし なのかな?」

秘密ひみつ 基地きち に 集あつ まって「 楽たの しいね」って 単純たんじゅん な
あの 頃ころ を 思おも い 出だ して 話はなし をしよう
飛行機雲ひこうきぐも 飛と んで 行い って「 眩まぶ しいね」って 泣な いていた
君きみ はどんな 顔かお だっけ なぜだろう、 思おも い 出だ せないな

痛いた いくらいに 現実げんじつ は 足早あしばや に 駆か け 抜ぬ けた
選えら んだ 今日きょう は 平凡へいぼん で 崩くず れそうになる 日々ひび さ
昨日きのう の 今日きょう も 延長戦えんちょうせん 大人おとな だって 臆病おくびょう だ
今いま になってなんとなく 気付きづ けたみたいだよ

廻まわ るセカイのイデア 枯か れる 太陽たいよう 炎天下えんてんか
陽炎かげろう が 揺ゆ らいだ「 忘わす れないで、さぁ、 進すす もう」
もどかしさに 何度なんど でも 明日あした を 夢ゆめ に 見み ていた
戻もど らない、 先さき のある 世界せかい へ「 僕ぼく たちで 変か えよう」

「 思おも い 出だ して、 終お わったって。 秘密ひみつ 基地きち も、 冒険ぼうけん も」
あの 日ひ に 迷まよ い 込こ んだ 話はなし の 事こと も
独ひと りぼっちが 集あつ まった 子供こども たちの 作戦さくせん が
また 今日きょう も 廻まわ り 出だ した「また、 何処どこ かで。」

「 涼すず しいね」って 言い い 合あ った 夏空なつぞら は 透明とうめい だ
泣な かない 様よう に、 吸す い 込こ んで「さようなら」しよう
秘密ひみつ 基地きち に 集あつ まって 笑わら い 合あ った 夏なつ の 日ひ に
「また 何処どこ かで 思おも い 出だ して 出で 逢あ えるかな」って
何度なんど でも 描えが こう

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする