Home JPop Lyrics 眩暈SIREN – 夕立ち 歌詞

眩暈SIREN – 夕立ち 歌詞

作詞:京寺
作曲:オオサワレイ・眩暈SIREN

人通りをさけて暗がりを歩く 袖幕の裏で息を潜めてる
取り繕う表面上と裏腹な本音は 千切れそうな自制の悲鳴だ

此処で手招きをして踊る舞台に 宙吊りのままで揺れる影も
これで終わりにしよう 自問自答と手切れを望むも叶わず

立ち止まる事を恐れて 逸る気持ちの後ろ泣く誰か取り残されている
夕立ち晒しの人形(ひとがた)を 拾う者などいない

面影も遠くで さよなら 別れを告げている
もう取り戻せない所で 眺めているだけ

思想が違うなら欠陥か
安直だって言ってんだ
誰に言うでもなく零す
取り繕う表面上と裏腹な本音が
そこを代われよと叫んだ

傷付けるから傷付けていいよ
忘れてくから忘れてもいいよ
その痛みに優劣をつける事の何が
意味を持つのだろう

ただ今は同じ思いならと願う

立ち止まる事を恐れて
逸る気持ちの後ろ
泣く誰か 取り残されている
夕立ち晒しの悲しみを
拾う者などいない

面影も遠くでさよなら
別れを告げて ほら
取り戻せない事を嘆いて、また