Home JPop Lyrics 破滅のオレンジ – 神様、僕は気づいてしまった 歌詞

破滅のオレンジ – 神様、僕は気づいてしまった 歌詞

期待外れ四半世紀 泥まみれの混声に
投げ売りの十数歳 形振り構っちゃいられない
予報通りの癖して どうせ夜中の雨に消えるだけ
排気ガスは破滅側の誘い 指先 首に這わせた

それ以上の痛みを
求めてしまうのはどうして?
切り傷痕が見初めた 安息寄りの余韻

愛をもっと
伝播して広がる煩い 依存症
どうして どうして
君の涙をぬぐったオレンジひとつも
Infection route

タイムセール間近な路地裏ガール
ライムセンス皆無な野次 群がる
ライフゲームすでに耐久レース
未だ見えない キー・アサイン
I don’t wanna be me.

理想ばかりを並べて こんなパン切れひとつも買えずに
どこの誰が大口叩いている どこでどの面さげてる

君は怖がらずに
皮剥きのナイフを取った
触れ合うほどに感染した
秒読みの宣告

愛をもっと
伝播して広がる煩い 依存症
どうして どうして
君の涙をぬぐったオレンジひとつも
Infection route

隣り合う肌から腐食していくものだった
気づいたときは手遅れの未来が泣いている

愛をもっと
伝播して広がる煩い 依存症
どうして どうして
無垢なあの子を返して
爛れる未来

愛をもっと 君の身体を侵したオレンジ
どうして どうして それでも疑わないの?

きっと僕も Infection route