JP & KP 歌詞

Mangalyrics

遊助 – HistoryⅤ 歌詞

calendar

笑わら って 泣な いたひまわり 達たち
立た ち 尽つ くし 不安ふあん に 泣な く 日々ひび も
顔かお 上あ げて 声こえ をかける 君きみ も
そんなあなたの 陽ひ だまりになる
3 月がつ 11 日にち の 誕生日たんじょうび に 僕ぼく は 決き めたのさ

本当ほんとう なんでだ
ウソみたいな 事こと ばかり 起お こるの 僕ぼく の 周まわ り
そもそもこうして 歌うた うのもウソみたい
だけどこれが 神様かみさま のイタズラか
誰だれ かの 願ねが いなら 何度なんど だって 立た てるから

人ひと はそれぞれ 魅力みりょく があるように
丁度ちょうど 良い いバランスなんてもんは 無な いから
ただ 1人ひとり ずつちゃんと 思おも い 浮う かべて
なんだって できるって 歌作うたつく ったら

笑わら って 泣な いたひまわり 達たち
大声おおごえ で 叫さけ んで 待ま つ 日々ひび も
タオルを 振ふ り 回まわ してた 君きみ も
そんなあなたの 陽ひ だまりになる
3 月がつ 11 日にち の 誕生日たんじょうび に 僕ぼく は 決き めたのさ

2011 武道館ぶどうかん が 揺ゆ れた
みんなも 迷まよ ってた
そもそも 歌うた 唄うた うのも 笑わら うのも
だけどこれじゃ 何なに も 始はじ まらねーじゃん
誰だれ か 泣な いてるなら
どこにだって 向む かうから

人ひと はそれぞれ 特徴とくちょう があるように
幸しあわ せの 感かん じ 方かた も 違ちが う
でも 諦あきら めずに 手て を 伸の ばして
俺おれ だって いるぞって 叫さけ んでいたら

笑わら って 泣な いたひまわり 達たち
もうダメだと 思おも ってた 時期じき も
こんな 僕ぼく を 見み て 泣な いた 君きみ も
そんなあなたの 陽ひ だまりになる
3 月がつ 11 日にち の 誕生日たんじょうび に 僕ぼく は 決き めたのさ

どんな 時とき だって 僕ぼく はブレはしない
たまに 泣な いちゃう 事こと もあるけど

負ま けるんじゃない 自分自身じぶんじしん に
どれだけの 仲間なかま が 待ま ってるか
俺おれ らしく これからも 生い きるから

夜空よぞら の 星ほし になったひまわり
まだ 聞き こえてますか この 声こえ が
そこから 見み えますか 僕ぼく たちが

あれから 僕ぼく ら 時とき を 刻きざ み
相変あいか わらずだけど ずっと 言い うだろう
君きみ を 愛あい してると

残のこ された 僕ぼく ら また 笑わら い 泣な き
今いま のあなたの 周まわ りの 人ひと も
あなた 次第しだい でまた 花はな は 咲さ く

こんな 僕ぼく でもできるのなら
3 月がつ 11 日にち の 誕生日たんじょうび は
君きみ に 歌うた うのさ




この記事をシェアする