JP 歌詞

Mangalyrics

遠藤ゆりか – knight-night. 歌詞

calendar

たとえ きみが 光ひかり
見失みうしな ったとしても
ほら 耳みみ 澄す ませば
いつもそばにいるよ

月明つきあ かり ゆらゆらと
巡めぐ ってる 夢ゆめ はカゴの 中なか
光ひかり の 海うみ の 上うえ 佇たたず んでいる

悲かな しみに 目め を 瞑つぶ って
誰だれ かのためにと 笑わら うきみ
散ち りばめられた 影かげ に
のみこまれそうだ

浮う かんでは 消き えてく
たからものみたいな
オーロラの 記憶きおく
きみはまだ 再生さいせい してるんだね

ぎゅっと 手て を 握にぎ って
きみのとなり 歩ある こう
立た ち 止ど まるときも 寄よ り 添そ って
たとえ きみが 光ひかり
見失みうしな ったとしても
ほら 耳みみ 澄す ませば
ずっとそばにいるよ

進すす む 針はり ちくたくと
廻まわ ってる 思おも い うそついて
傷きず ついた 顔かお 見み せずに また 笑わら ってる

忘わす れては 思おも い 出だ す
子守唄こもりうた みたいな
遠とお い 日ひ のメロディ
きみはまだ 口くち ずさんでるんだね

零こぼ れ 落お ちたこころ
隠かく さなくていいよ
こわがらずみせて すこしずつ
世界中せかいじゅう がぜんぶ
信しん じられなくても
何度なんど でも 紡つむ ぐ
きみに 届とど くように

ひとりきり 問と いかけて たたかって
鍵かぎ をかけたりしないで
からっぽじゃないよ

淋さび しさに 絡から んだ
鎖くさり ほどくように
いまそっときもち 奏かな でるよ

ぎゅっと 手て を 握にぎ って
きみのとなり 歩ある こう
立た ち 止ど まるときも 寄よ り 添そ って

ふたりぼっちの 夜よる が
明あ けるときは そばで
とっておきだった
きみの 笑顔えがお みせて

Free MP3 Downloads

この記事をシェアする