JP & KP 歌詞

Mangalyrics

鈴来アイカ – 日溜まり~窓辺の小鳥~ 歌詞

calendar

鈴来アイカ(CV.M・A・O) 

確かなものなど無くて 心は宛てなく漂う
触れることない蜃気楼のように
すべては風化してくから

ever 仮初めの never 巡り合いと
零れ落ちた砂時計の砂 また返すけど

雲を追いかけ空を泳ぐ鳥たちの
その行き先は何処にあるのだろう?
いつもと同じはずの静寂の中で
ふと気になってそんな問いをしてた

鏡の向こうに映る 私は何を求めてる?
まるで籠から出たことない雛が
大空に憧れるように

ever 気紛れな never 幻だと
躊躇いなくこの目を背けてしまえないのは

寄り添いながら高く昇る鳥たちは
優美な羽で風と語るのだろう
窓辺に淡く注ぐ日溜まりの中で
さざめく鼓動の理由 教えて欲しい

Free Mp3 Download




この記事をシェアする