Home JPop Lyrics 黒崎真音 – 幻想の輪舞 歌詞

黒崎真音 – 幻想の輪舞 歌詞

作詞:桑島由一
作曲:藤間仁(Elements Garden)

歌声が響いている 僕を呼んでいる

悲しい夜は 眠れなくなる
月も涙を光らせる
「取り戻せる」と 言葉にすれば
誰かの声 重なった
いつかは この夢が この夢が
空へ届くこと信じて

汚れた翼で きみだけを求めた
息ができないほどに 心焦がし
世界が色褪せ 消えるその前に
青く燃える闇の炎 撃ち抜け
路地裏の孤独にも 風は優しくて
物語よ続け きみと どこまでも

空(から)のボトルを 胸に抱きしめ
失くした気持ち 集めてた
「大丈夫」だと 僕を赦した
きみの声で 目が覚める
いつかは 痛みさえ 痛みさえ
乗り越えられると信じて

情熱のままに 愛だけを求めた
明日(あす)を夢見るたびに 強くなれる
僕らの想いが 踏みにじられても
悲劇の街 火花散らし 切り裂いて
羽ばたいて

遠く歌が聴こえる きみが僕に歌った
「まだやり直せる」と「生まれ変われるよ」と
傷で震えた未来を見つめて

汚れた翼で きみだけを求めた
息ができないほどに 心焦がし
世界が色褪せ 消えるその前に
青く燃える闇の炎 撃ち抜け
路地裏の2人にも 愛は優しくて
物語は続く きみと いつまでも