Day: October 11, 2017

乃木坂46 – 僕の衝動 歌詞

WOW WOW WOW… 僕はふいに気づいた 誰よりも愛していると… 今すぐ伝えたくなって 君の家まで走る 電話(LINE)それじゃダメだ(NG) 直接 行かなきゃ無意味だ 君の瞳をじっと見つめ 訴えかけたい 真夜中 チャイムを鳴らした なんて非常識な男だ 怒った父親に殴られても 痛みに燃えていた 愚かな僕だけど 本気を見せよう こんな不器用な方法 見せたかったのは 情熱のすべてだ ...

乃木坂46 – 新しい花粉 ~ミュージカル「見知らぬ世界」より~ 歌詞

「何か、食べ物をくれ」 「…よそ者はごめんだ」 「金ならある」 「…どこか、よその街に行ってくれ」 「…一番、近い街でも三日はかかる。簡単なものでいい」 「断る」 「ワーニャ! 久しぶりのお客様でしょ?」 「何を言ってるんだ、エレーナ? うちは、この通り、いつだって満員だ」 「毎日、毎日、同じ顔ぶればかり… 私は、ここじゃないどこかの話を聞きたいの! …そこに座って!」 旅人よ 聞かせてくれ 今日までの日々の物語を… このパンや赤ワインに 値するほどの話がない しあわせだけど 何かが足りない ...

米津玄師 – 灰色と青( +菅田将暉 )歌詞

袖丈が覚束無い夏の終わり 明け方の電車に揺られて思い出した 懐かしいあの風景 たくさんの遠回りを繰り返して 同じような町並みがただ通り過ぎた 窓に僕が写ってる 君は今もあの頃みたいに いるのだろうか ひしゃげて曲がった あの自転車で走り回った 馬鹿馬鹿しい綱渡り 膝に滲んだ血 今はなんだかひどく虚しい どれだけ背丈が変わろうとも 変わらない何かがありますように くだらない面影に励まされ 今も歌う今も歌う今も歌う 忙しなく街を走るタクシーに ぼんやりと背負われたまま くしゃみをした ...

Aimer – 六等星の夜 (Magic Blue ver.) 歌詞

傷ついたときは そっと包みこんでくれたらうれしい 転んで立てないときは 少しの勇気をください 想いはずっと届かないまま 今⽇も冷たい街でひとり ココが何処かも思い出せない 終わらない夜に願いはひとつ “星のない空に輝く光を” 戻れない場所に捨てたものでさえ ⽣まれ変わって明⽇をきっと照らす 星屑のなかであなたに出会えた いつかの気持ちのまま会えたらよかった ⽣まれ変わって明⽇をきっと照らしてくれる 眠れないときは そっと⼿をつないでくれたらうれしい 夜明けは来るよと 囁いていて 嘘でもいいから 願いはずっと叶わないまま ...

Aimer – 花の唄 歌詞

その日々は夢のように 臆病な微笑みと やさしい爪を 残して行った 退屈な花びらのように くるしみを忘れて 貴方の背中でそっと 泣いて笑った 帰らぬ日々を思うような 奇妙な愛しさに満ちた 箱庭の中で 息をひそめ 季節が行くことを忘れ 静かな水底のような 時間にいた 冷たい花びら 夜に散り咲く まるで白い雪のようだね 切なく 貴方の上に降った ...

Page 1 of 5 1 2 5