Home JPop Lyrics BRAHMAN – ナミノウタゲ 歌詞

BRAHMAN – ナミノウタゲ 歌詞

すがる 思おも いを 振ふ り 切き る 手前てまえ さ
言葉ことば も 情なさ けも 何なん にもいらない
鳴な かず 飛と ばずの 夢ゆめ
響ひび かぬ 愛あい と 嘘うそ
弾はじ けて 消き えたこんな 日ひ が 来く るんだね

風かぜ の 中なか から 君きみ の 声こえ に 似に た
波なみ の 宴うたげ が 確たし かに 遠とお くに 聞き こえる

手て に 入い れていた 持も ちきれないほど
気き づいていたんだ 何なん にもいらない
一言ひとこと かけるなら
今度こんど は 何なに を 言い おう
忘わす れ 去さ さられるそんな 日ひ が 来く るんだと

何年なんねん が 経た ったの 君きみ を 夢ゆめ に 見み た
波なみ に 残のこ した 話はなし の 続つづ きを 聞き かせて

しっかり 掴つか まれよ
振ふ り 落お とされるなよ
生う まれ 変か われるそんな 日ひ が 来く るんだと

もう 何年なんねん が 経た っても 君きみ は 側そば にいた
波なみ の 便たよ りに 心こころ の 想おも いを 聞き かせて

夜風よかぜ の 中なか から 君きみ の 声こえ に 似に た
波なみ の 宴うたげ が 確たし かに 遠とお くに 聞き こえる