Home JPop Lyrics Official髭男dism – 115万キロのフィルム 歌詞

Official髭男dism – 115万キロのフィルム 歌詞

作詞:藤原聡
作曲:藤原聡

これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと
主演はもちろん君で
僕は助演で監督でカメラマン
目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ Ah

くだらないなと笑ったんなら掴みはそれで万事OK!
呆れていないでちょっと待って
きっと気に入ってもらえると思うな
ここまでのダイジェストを少しだけ見せるよ

初めて喧嘩した夜の涙
個人的に胸が痛むけれど
そのまま見続けよう
ごめんねと言って仲直りして手を握って…

ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも映せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしようとりあえず今の所は

きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう
今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー!
きっと情けないところも山ほど見せるだろう

苗字がひとつになった日も
何ひとつ代わり映えのない日も
愛しい日々尊い日々
逃さないように忘れないように焼き付けていくよ

今、目を細めて恥じらいあって永遠を願った僕たちを
すれ違いや憂鬱な展開が引き裂こうとしたその時には
僕がうるさいくらいの声量でこの歌何度も歌うよ
だからどうかそばにいて
エンドロールなんてもん作りたくもないから

クランクアップがいつなのか僕らには決められない
だから風に吹かれていこう
フィルムは用意したよ
一生分の長さを ざっと115万キロ

ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも映せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしよう

さあ、これから生まれる名場面を探しにいこうよ
酸いも甘いも寄り添って
一緒に味わおうフィルムがなくなるまで

撮影を続けようこの命ある限り

Romanization

kore kara utau kyoku no naiyō wa boku no atama no naka no koto
shuen wa mochiron kimi de
boku wa joen de kantoku de kameraman
me no oku ni aru firumu de tsukuru eiga no hanasa Ah

kudaranai na to waratta n nara tsukami wa sore de banjiOK!
akirete inaide chotto matte
kitto ki ni haitte moraeru to omou na
koko made no daijesuto o sukoshi dake miseru yo

hajimete kenka shita yoru no namida
kojin-teki ni mune ga itamu keredo
sono mama mitsuzukeyō
gomen ne to itte nakanaori shite te o nigitte…

hora, koko de kimi ga warau shīn ga midokoro na n da kara sa Ah
shashin ni mo utsuse ya shinai totemo sasai na sono shigusa ni
donna kurai sutōrī mo kutsugaesu shunkan ga afureteru
dore ka hito-tsu o kiritotte
samuneiru ni shiyō toriaezu ima no tokoro wa

kitto10 nen-go kurai ni wa kyasuto ga fue tari mo suru n darō
ima de mo yoyū nante nai no ni konna yasu gekkyū ja mō kyapa ōbā!
kitto nasakenai tokoro mo yama hodo miserudarō

myōji ga hito-tsu ni natta hi mo
nan hito-tsu kawaribae no nai hi mo
itoshī hibi tōtoi hibi
nogasanai yō ni wasurenai yō ni yakitsukete iku yo

ima, me o hosomete hajirai atte eien o negatta boku-tachi o
surechigai ya yūutsu na tenkai ga hikisakō to shita sono toki ni wa
boku ga urusai kurai no seiryō de kono uta nan do mo utau yo
da kara dō ka soba ni ite
endo rōru nante mo n tsukuritaku mo nai kara

kuranku appu ga itsu na no ka boku-ra ni wa kimerarenai
da kara kaze ni fukarete ikō
firumu wa yōi shita yo
isshō bun no naga-sa o zatto115 man kiro

hora, koko de kimi ga warau shīn ga midokoro na n da kara sa Ah
shashin ni mo utsuse ya shinai totemo sasai na sono shigusa ni
donna kurai sutōrī mo kutsugaesu shunkan ga afureteru
dore ka hito-tsu o kiritotte
samuneiru ni shiyō

sā, kore kara umareru mei bamen o sagashi ni ikō yo
sui mo amai mo yorisotte
issho ni ajiwaō firumu ga nakunaru made

satsuei o tsuzukeyō kono inochi aru kagiri