Home JPop Lyrics ONE – パスピエ 歌詞

ONE – パスピエ 歌詞

白か黒かいずれが混じったか混ざったか
曖昧なラインは滲んだままかな
願う君のわたしになれますようにと

目と目を合わせたら eye
火花咲かせるようだ
ささくれが棘になって抜けないよ 君のようだ
それでも幸せだった
前借りした未来の終わりを待てるほど
強くも弱くもない

白も黒も似ても似つかぬものでも
指先の温度で溶けて溢れ出た
君の仕草に漂う違う気配が

目と目を合わせたら eye
火花舞い落ちるようだ
欠けたカケラが刺さって消えない跡を刻んだ
それでも幸せなんだ
せつない疼きのたび過去に戻れるから
それほど悪くはない

白か黒か選びな 曖昧なラインだ
何を得て無くした ひとつだけ残した

目と目を合わせたら eye
火花咲かせるようだ
ささくれが棘になって抜けないよ 君のようだ
それでも幸せだった
前借りした未来の終わりを待てるほどの強さも弱さも

目と目を合わせたら eye
火花舞い落ちるようだ
残像がまとわりついて消えないよ 君のせいだ
さよなら幸せだった日々は思い出の中
孤独を知ることもそれほど悪くはない