Home JPop Lyrics Pelican – 立花理香 歌詞

Pelican – 立花理香 歌詞

伸びた前髪をかきあげ見渡したら
ずいぶん遠くに来たような
はじまりなんて見えないほど

いつかの鼓動ですら
すっかり聞こえなくなって
振り返るにはまだ早いかな
でも 少し寄り道しよっかな

振り切ったものや 残っているもの
指折り数えて抱きしめたら
止まったままじゃ見えないもの
こんな今の僕だけど きっと 見つけるよ

つないだあの両手と すり抜ける花びらと
思い出を溶かして空にかざしたなら
いつまでもこの場所で このままでいたいけど
足跡をつけてここから進むよ
この先へ ずっと

なんとなく描いてた地図はいつの間にやら
砂にまみれて飛んで行ったけど
進んでいくんだこの道を

僕にも確かに芽生えていたんだね
無いアンテナは伸びやしないさ
愛のスキマのぞいている
目指し進んで そうして やっと辿り着く

まばゆい光の中 この手に掴んだのは
僕にとってかけがえのないこの気持ち
この場所にさよならと 始まりの鐘が鳴る
誰かの後なら 僕は追わないさ 空の向こうへ

ようやく気付いたんだ 望んでしまってたんだ
さみしいなんてもう忘れたはずなのに
ちっぽけな僕の羽 飛ぶのは君のためさ
光を ありがとう

どれだけの夢を見て 不安を飛ばせただろう
羽ばたいたこの空 白く染められたら
そのときはこんな歌で 君を迎えにいくよ
足跡をつけていっしょに進もう
この先へ ずっと さぁ