JP & KP 歌詞

Mangalyrics

R指定 – 哀々傘 (再録ver.) 歌詞

calendar

词:マモ
曲:R指定

止まない季節はジメっとして
不安に爪をかじる癖が抜けず
無口な君からの電話鳴って
受話器を持つ手が
震えていました
君との待ち合わせは
原宿ではなく
確かに行き急いだお別れの朝で
湿った曇りガラス窓から覗いた
微かに
苦い紅茶みたいな甘い記憶
降り続く雨に思い出を寄せて
差した雨傘は二人じゃない
歩き慣れた道思い出を残し
響く足音は二人じゃない
残酷なものさ
聞きたい聞きたくない
過去の事なんて
お互い傷つくなら嘘つき通して
路地裏水溜まりに写る弱い僕
あの日まで渡れる
長靴なんて無いから
帰れない朝に怯えて今もまだ
君の脱け殻に君を重ねる
降り続く雨に思い出を寄せて
差した雨傘は二人じゃない
歩き慣れた道思い出を残し
響く足音は二人じゃない
残酷なものさ

Free MP3 Downloads




この記事をシェアする