Home JPop Lyrics sora tob sakana – ありふれた群青 歌詞

sora tob sakana – ありふれた群青 歌詞

作詞:照井順政
作曲:照井順政

頬を刺す冷たい風
季節はとっくに変わってるのに
どこに行っても何をしてても離れない
呪文みたいに

これが恋かは分からないまま
しまい込んでいたドキドキが
眠れない夜に 天井の隅っこで育っていく

行き先を忘れた街の中に
あなたの欠片を見つけたら
不思議な力で世界は騒ぎ出す
早く気づいて

駅のホーム 慌ただしく
行き交う人波 流されていく
どこに行っても 何をしててもそれなりに
続く毎日

恋というには曖昧すぎて
しまい込んでいた
自分でも気づかなかった
わがままや狡さを抱えてる

移り変わる季節 その早さに
あなたの言葉を重ねたら
不思議な力で私は駆け出せる
声を聞かせて

いつからか止まっていた私の時間が
もう一度動き出した

ねえ、本当はどこにいても
あなたの姿を探してる
魔法はいらない 今なら言えるかな
少し怖いけど
不思議な力で世界は何度でも
走り出してく