Tag: 井上苑子

井上苑子 – せかいでいちばん 歌詞

あなたと恋をしたいんだよ 世界でいちばんちかくで どれほど 気持ちって 伝わるのかな ぜんぶ あげたいよ あなたのことが 好きだよ 花火がきれいに 夜空に消えてく 「キスがしたいよ」 少し声がふるえた あなたは困って でもうなづいて ぎこちなくふたり おでこを重ねたんだ はじめてつながる 瞬間ばかりだ 写真に残せたらいいのにな この指に伝わった ぬくもりもときめきも わたしはぜったい 忘れはしないんだろう あなたと恋をしたいんだよ 世界でいちばんちかくで えくぼも まつげも 大きな瞳も わたしにはぜんぶが 愛しいたからもの ふたりで笑ったり泣いたり 怒ってわがまま言ったり なんども なんども この手をつかんで 離さないでいてね あなたのことが 好きだよ 嫌いなところも 数えられるよ ...

井上苑子 – スタート! 歌詞

あと一歩を踏み出さなきゃ景色は変わらない 今自分を走りぬけるように ゴールを目指せばいいんだ もう少しだから 求められることが大きくなり ついていくのがやっと 諦めたくない思いが強くなっていったな 遠回りしたかもしれない 何度も迷ったんだ それでもやっとここまで来たよ 今更引き返すわけない 心臓が動いてる いつもよりほんの少しだけ速く 「きっと大丈夫」と 辿ってきた日々を思い出してた 1mm 誤差もないくらいに 自分を信じてあげなくちゃ 簡単なはずでしょう? あと一歩を踏み出さなきゃ景色は変わらない 1秒ごとに変わってく未来 ...

井上苑子 – 雨のラブソング 歌詞

最初から君が好きだったんだ きっと知らないだろうけど ノートの隅 そっと書いた名前 今も残る 雨のラブソング 水たまりが できた朝 空は何もないような顔した 発車音で気がついた いつもよりも ぼけっとしてる それは幸せな出来事 気持ち重なり合って スキップして 最初から君が好きだったんだ きっと知らないだろうけど 君に会った帰りの道は 溢れた気持ちが雨に映るんだ 1人になった瞬間に ふと思い浮かぶ顔が 楽しい時も 嬉しい時も 今も残る 君の笑顔が 昨日と同じ髪型 ...

井上苑子 – LOVE LOVE LOVE 歌詞

ねぇ どうして すっごくすごく好きなこと ただ 伝えたいだけなのに ルルルルル うまく 言えないんだろう・・・ ねぇ せめて 夢で会いたいと願う 夜に限って いちども ルルルルル 出てきてはくれないね ねぇ どうして すごく愛してる人に 愛してる と言うだけで ルルルルル 涙が 出ちゃうんだろう・・・ ふたり出会った日が 少しずつ思い出になっても 愛してる 愛してる ルルルルル ねぇ どうして 涙が 出ちゃうんだろう・・・ 涙が 出ちゃうんだろう・・・ LOVE LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう LOVE LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう

井上苑子 – なみだ 歌詞

最高気温が何度だとか 今年は海にも行けないなだとか 話があると言ったあなたは まだ目も合わせない あなたが夢にまっすぐなことも 今はそれが一番だってことも あたしはとっくに気づいてるよ ねえ ねえ 愛と呼ぶにはまだ あどけないから 会えないと恋は溶けちゃうの どちらが悪いわけじゃない でも あなたは「ごめん」と言うでしょう? 好きだけど 好きだから 好きなまま いて欲しい あなたの目には 優しさが 溢れそうになってると思う 大丈夫 あたしなら大丈夫って 笑うんだ 精一杯の背伸びをすれば あなたが 今すぐ走り出せるなら この夏に閉じ込める ...

井上苑子 – スタート! (Start!) 歌詞

あと一歩を踏み出さなきゃ 景色は変わらない 今自分を走り抜けるように ゴールを目指せばいいんだ もう少しだから 求められることが大きくなる ついてくのがやっと 諦めたくない思いが 強くなっていったんだ 遠回りしたかもしれない 何度も迷ったんだ それでもやっとここまで来たよ 今更引き返すわけない 心臓が動いてる いつもよりほんの少しだけ早く きっと大丈夫と 辿ってきた日々を思い出してた 1ミリメートル 誤差もないくらいに 自分を信じてあげなくちゃ ...

Sonoko Inoue (井上苑子) – どんなときも。 歌詞

僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に ちかったあの夢は 古ぼけた教室の すみにおきざりのまま あの泥だらけのスニーカーじゃ 追い越せないのは 電車でも時間でもなく 僕かもしれないけど どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために 「好きなものは好き!」と 言えるきもち 抱きしめてたい どんなときも どんなときも 迷い探し続ける日々が 答えになること 僕は知ってるから もしも他の誰かを 知らずに傷つけても 絶対ゆずれない 夢が僕にはあるよ “昔は良かったね”と いつも口にしながら 生きて行くのは 本当に嫌だから 消えたいくらい 辛い気持ち 抱えていても 鏡の前笑ってみる まだ平気みたいだよ ...

Sonoko Inoue (井上苑子) – メッセージ 歌詞

どんな言葉叫べば響くでしょうか 心の奥底にぐっと 触れてほしい 触れてみたい ずっと忘れたくないよ あ~ 決まってるんだ 答えはもう 君が好きだから 今思ったら特別な 「はじめまして」 ありふれた6文字言い合った 「寝癖がついてる人」 第一印象はこれだけ 君と出会えなければ きっと知らなかった日々が たくさんあったと気付いたよ こんな日にいつか終わりがあるということ 今日も思い出してはジタバタする どんな言葉にしても伝えたいんだ 探して見つかんなくて こんがらがってる 君はといえば あ~あ ほんと鈍感で 素振りのひとつも見当たらないから ...