Tag: 林原めぐみ

林原めぐみ – 今際の死神 歌詞

さあ悲しみの亡者は湿(しめ)やかに啜り泣き ご覧喜びの亡者が逆さまにほころぶぞ 人生はいつも一人きり分(わか)ち合へないの 一世一代の恋のお相手も行違つたまゝ さあ憎しみの亡者が苟且(かりそめ)に摩耶化(まやか)して ご覧愛(いと)しみの亡者は永久(とこしへ)に騙されるぞ 人生はいつも一度きり取り返せないの 最初が最期どんな刻も行当りばつたり ぶつつけ本番の大博打、伸(の)るか反(そ)るか 人生はいつも揺らいでゐる不確かな炎 燃え尽きてしまふぞ、消えてしまふぞ 愛した貴方は誰だつけ思ひ出せないの 縋つた袂は確かにかう憶えてゐるのに さあ何も彼もがいま有耶無耶に闇の中 Romanization sā kanashimi no mōja wa ...

林原めぐみ – もう1人の私 (MEGU Version) 歌詞

词:MEGUMI 曲:たかはしごう 知っていたのもう一人の 私がソコにいると 傷ついてる 泣けずにいる 心を閉ざしかけてる 抱えきれない悲しみなら 私に託していいよ 長い時が必要なら ここで待っているから その瞳開くまで 昨日までここにあった 幸せが思い出せないほど 愛しいまなざし ぬくもりさえ もう2度と包んでくれない 何度名前呼んでも 届かないというなら この思い出を ...

林原めぐみ – SKY5 歌詞

词:宇治田愛 曲:松村裕ニ 感じなくなっていた 風が運ぶ音 それは未知数の 可能性の息吹 曲がりくねった道 どこまでも行けば 星が輝く丘に辿り着いた 狭い部屋収まりきらない 果てない想い膨らませた 息が切れても 立ち止まりもせずに 今夜遠い夜空 手を伸ばしてみる 無数に輝く光 距離は果てしない 誰もがその先を 描く自由を手にしている 空へ空へ ...

林原めぐみ – 恐山ル・ヴォワール 歌詞

作詞:武井宏之 作曲:かぴたろう おまえさんを待つ その人はきっと 寂しい思いなぞ させはしない 少なくとも 少なくとも おまえさんの会う その人はきっと 寂しい思いなぞ させはしない 少なくとも 少なくとも 路上に捨てくされ やるせなさ 途上にふてくされ やる気なし 愛は出会い・別れ・透けた布キレ 恐山ル・ヴォワール 黒い千羽鶴 その人はじっと さびしい重い謎 かかえ夜 折れなくとも 折れなくとも 黒い千羽鶴 その人はじっと さびしい重い謎 かかえ昼 折れなくとも 折れなくとも 気丈にふるまえど ほころんで 無性にブロマイド 欲しくなり ...

Page 1 of 4 1 2 4