Tag: 欅坂46

欅坂46 – 半分の記憶 歌詞

半分の記憶 歌詞 by 欅坂46 人の波にさらわれて どこへ連れ去られたか? こんな好きでいるのに 君のことを見失ったよ 後を追って 名前を呼んで 走り回ったけれど 黄昏(たそがれ)のこの街にすべて紛れてしまった さよならか 僕のせいだ 些細な綻(ほころ)びに 心引き裂かれて行く 間に合わない 愛は感情の忘れもの 君はもうここにはいないんだ 思い出が少しずつ崩れ落ちて闇の中へ 想像の悲しみは きっと止めることができただろう ...

欅坂46 – 夜明けの孤独 歌詞

夜明けの孤独 歌詞 by 欅坂46 夜明けに家を出て 過去なんか捨てたけど 自分のその足音が 追いかけて来るんだ 誰にも気付かれず どこかに消えてしまいたいよ 影もできない まだ薄暗い街 フーウーウウー 引き止めるもの フーウーウウー もう何もない 生きるとは孤独になること 愛に甘えるな 群れの中 守られていても 本当の道は絶対 ...

欅坂46 – もう森へ帰ろうか? 歌詞

もう森へ帰ろうか? 歌詞 by 欅坂46 作詞:秋元康 作曲:河原健介 街には何もなかった 想像してた世界とは かけ離れていたよ こんな土も緑もない 狭い土地に 人間(ひと)は何に惹かれて 暮らし始めようとするのか? 喧騒の中で 愛 語り合っても 鉄やコンクリートは 温もりを伝えやしない 風の噂に洗脳されて(洗脳されて) 存在しない夢を見ていたんだ もう森へ帰ろうか? ...

欅坂46 – ゼンマイ仕掛けの夢 歌詞

ゼンマイ仕掛けの夢 歌詞 by 欅坂46 作詞:秋元康 作曲:山本加津彦 駅のホームの端 ずっと手を振ってた 最後の制服を着た君が目に浮かぶよ あれから一年の季節が巡ったのに 僕が住む都会は桜 まだ咲いてない 何(なん)のため 誰のため 大学に通うんだろう? 今日もまた 講義をサボり ずっとアパートで寝てた 忘れてください 僕なんか… ゼンマイ仕掛けの夢から覚めた 絶対 迎えに行く 固い約束して 電車を追って走るその姿に泣いた メールをもらっても理想と現実に 言葉が見つからず 返信できなかった 将来とは? 人生とは? 思うようにならないもの バイトして 朝まで遊び 少し悪いこともした ...

欅坂46 – バスルームトラベル 歌詞

バスルームトラベル 歌詞 by 欅坂46 作詞:秋元康 作曲:ふるっぺ(ケラケラ) バスタブの泡のその中で 手足を伸ばして深呼吸をした リラックスしなきゃ可愛くなれない 難しい顔は女の子の敵 瞼(まぶた)を閉じてたら何だか 眠たくなってしまったのよ ちゃんと閉めてない蛇口から 水滴がポタポタ 催眠術 いつのまにか 栓が抜けてたかも… ぐるぐるとお湯が渦巻いて 排水口に流されて行く 過去のすべて… そんなこと起きたら面白いって 密かに妄想してたけど ...

Page 1 of 6 1 2 6