Tag: 神様、僕は気づいてしまった

神様、僕は気づいてしまった – わたしの命を抉ってみせて 歌詞

シャレた高層ビル、傾れ込んだ 彼のパトロン風情が狙い サディスティック あられもない 金でランドスケープ、貪った 夜景のオーナメントごと欲しい ロマンチック 見返りはない シャーロック・ホームズさえ戦いたほどの わたしの命を抉ってみせて It’s always alright ザッツオーライ I know what you need まあ、なんと素敵なトップシックレート Maybe it’s alright ザッツオーライ Let me see ...

神様、僕は気づいてしまった – 宣戦布告 歌詞

雑に伸ばした前髪で 今日を見落とし 捻り潰した裏声で 不幸を謳っている この世にひとつ間違いがあるとするなら この世に生を授かってしまったことだろう 言葉のナイフは鈍だけど 確かに胸を突き刺した きっかけなんてさ それでいいから 御終いだ あと一歩踏み込め 脳に従え 絶望 此処に未来なんて物はない 塞ぎ込んでいく 明日は昨日よりずっと冷たい 一生孤独なピエロで 震え怯えていくのだろう これは宣戦布告だ もう何もいらない 雑に伸ばした前髪で 今日を見落とし 捻り潰した裏声で 不幸を謳っている 嫌いなものはひとつだって見たくないから 嫌いなものをふたつみっつ 探してきたんだよ ...

神様、僕は気づいてしまった – 僕の手に触れるな 歌詞

自分を否定したとして それすら自分の声だ 異論さえ問えやしなくて 僕は僕が嫌いんなった 赦しを乞うにしたって 独りじゃ叶いっこないさ 不甲斐ない救いにさえも この手で蓋をしていた 塞ぎ込んだ命をどうか 誰か拾ってくれやしないか 錆び付いた口は開かない ドンタッチマイハンド 見え透いた本性と絶交して 敗北を歌う 人生のはずだった ドンタッチマイハンド そうやって手を取って優しくしないでよ 偽った自分が 散り散りになってしまうから 無用になってしまった 僕の未来ってやつは 向かい駅ホームでとうとう 窓と窓越しに消えた 終わっちゃいないって言うが 始まってすらいないさ うざったいくらいの愛を ゴミ箱へ今日も投下 笑えない現実が増えて 笑われる事に慣れてきた 懲役何年の罰なんだ ドンタッチマイハンド せいぜい欠落感を患って 敗北を喰らう 病人のはずだった ドンタッチマイハンド そうやって手を取って優しくしないでよ 頬の上を伝った 酷い傷を見してしまうから ...

神様、僕は気づいてしまった – 天罰有れかしと願う 歌詞

希望 誹謗中傷 訴訟 詐称 被害者 大中小 救いもない被験者 観衆前 願うほど未来などない 未来などないんだ 希望と2つ3つ叶いやしない理想を想像して 両手を合わせて祈っている 誰かの描いた 誰かの都合いい造形 貴方の名前は何 壊してしまえ 夢の見間違いに未来などないのだ 壊してしまえ 愛のかけ違いに縋ってしまうというなら 天罰を この身に余るくらい果てしない罰を 下してよ なあ僕を叱ってくれ 順番待ちの人波を肩で押しのけて 今日も明日行きの最終便に僕は乗った もしもこの僕が神様だったら 全て振り落とし 引きずりまわすだろう 壊してしまえ ...

神様、僕は気づいてしまった – 大人になってゆくんだね 歌詞

千鳥足で煙草をポイした 憂う背中を見てきて 自分はこうならないようにと口を尖らせた あの頃の僕が今こうして 目を疑うような 無様な僕を見たならどう思うかなぁ 一生続くと何となく思ってた 夏休みの終わりどき 僕が宿題何も終わらちゃいないから 君が答えを見せてくれては ひっそりと言った 「けれど十年後はこんな事ごめんだぜ」 明日は何しようって談笑した例の高架下さえも 積み上げられたコーンと建設中のプレートに遮られた 僕らは大人になってゆくんだね 僕らは大人になってゆくんだね 笑い合った日々を夜中に 一人思い出したりして すすり泣く僕に なるんだね ろくでもなかったアイツが今では 医者になると言い出して かなり名の知れてるキャンパスに通ってる あの頃のままでいれたのなら そう思っていたのは 昔から鈍間な僕だけみたいだなぁ 「8月末も同じ場所で来年も」って声も 都市開発を扮した高層ビルの響めきに掻き消された 僕らは大人になってゆくんだね 僕らは大人になってゆくんだね ...

神様、僕は気づいてしまった – だから僕は不幸に縋っていました 歌詞

分からない事が分からなくて 心臓を打って泣いて 尚更に自分が分からない ポンコツの落第者 振り返るための過去が無けりゃ 冴えない未来さえ無いや だから僕は不幸に縋っていました 恨まないでおくれ 青春なんてすぐポイだ 燃やされる前に どうかこの最期を 君に見届けてほしい 犯人は一体どうしてこんなになった傷を放っていたんだ 憐憫を仰いでいる以外能無い機械 人生は救えないようなストーリーばっか描いていたいようだ さらば、道徳 ヒヨってしまえば堕ちる だから僕は不幸に縋っていました もはや音楽に期待はしちゃいない 何も変わりはしなかった 誰も変われやしなかった インチキ同然のガラクタなんだ 一つ二つの矛盾を孕みながら 掛け違えたボタンのままで 孤独というシワだらけの シャツを着飾る あの日の僕はそうして 強がっていたんだきっと 今でも 隣人を蹴落として 犯人は一体どうしていつまでそうして傷を抉っているんだ 敗北を美徳のように歌うミュージシャン 人生は救えないようなストーリーばっか描いていたいようだ ...

神様、僕は気づいてしまった – 週刊アンソロポロジー 歌詞

その漫画家たちは向上心が無いんだ シナリオは至って平凡を辿った それどころかずっと浸透度は低迷 言い訳は揃って「才能が無かった」 愛されたいからと笑って 適当に筆を走らせて 繕った腑甲斐無い表情 そんなんじゃ伝えたいはずの 少しも届かないな 本当は自分でもわかってるくらいだ 七十億だとかの愛憎の 身勝手を敬う扇動者はきっと そうどうこうしたって 誰一人といないさ 七十億程度の同情の きまぐれを窺う専用機はきっと 金輪際を含んで そう一つも出ないさ くたばっている最中に最終回だ 僕たちの冒険は終わった 本当は描きたい ストーリーがあったんだ けど現実はどうだ 全作品が落選 大事な1ページにふいに 涙色のペンを倒して もう全部嫌になってしまった どうしようもなくなった自分を くしゃりと丸め込んで ドブ川へそっとポイと放ってしまった 七十億だとかの問題を 隅から隅まで解き明かす日はきっと そうどうこうしたって いつまでも来ないさ 七十億程度の壮大な 夢というゴミを運ぶ重機はきっと 重量制限で ちっとも動かないさ 打ち切りだとわかって それでも書き殴って ...

神様、僕は気づいてしまった – オストリッチ厭離穢土 歌詞

人生観だの何だの瀕死の未来が エンストモードになり どうもバグっている わかったフリしてつまんない話題で笑った 心の奥底では ナイフで刺している 予想外だったが人智はどうやらガラクタ 玉突き事故を起こし 倫理が死んでいく ポンコツも同然の ハラワタが言っている 他人事の共犯者 「理解者もいない もうどうなったっていいんだろ」 覚悟次第:逃走、暴走、抗争、日々の焦燥、夜驚症、不登校、獰猛 相当、影を落とした 鳴り止まない幻聴→現状、怨望などの妄想→不眠症→堪え性、奔放→煙草 僕は何だ 誰なんだ 答えを言って ポカンとしていたら電車に乗り過ごしていた 大切だった夢も そうして去ってゆく パノラマの人生に ハサミを翳していく フィルムには目一杯 中身など無い 満面の笑みを写し込んでた 覚悟次第:逃走、暴走、抗争、日々の焦燥、夜驚症、不登校、獰猛 堂々、嘘を愛した 鳴り止まない幻聴→現状、怨望などの妄想→不眠症→堪え性、奔放→煙草 僕はどうして 今こうして 不幸を吸った ...

神様、僕は気づいてしまった – CQCQ 歌詞

難しい感情だった 始めは人を恨んだ それから不幸を祈っていた 許されるだなんて思っちゃいない 恥ずかしい毒も吐いた 続けて人を誹謗した どこから自分を失っていた? 嘲笑われるくらいに腐っていた 後に悔やむ事が無いのなら 後で悔やむと書きはしないと 不甲斐ない航海の 旅路を綴っている どうか どうしたってなれない夢ばっかを選んで どうにだってならない嘘なんかを吐いて 買い被った不完全な沈没船を救ってよ どうか もう終わってしまったんだって命を投げ捨て もう嫌だって頬を伝った遭難信号に 気付いて 合図したシーキューシーキュー 聞こえますか 叶わない感情だった 受けるべき天罰なんだ それくらい他人(ひと)を蹴落としてきて 同情の一つさえも欠いていた ...