Tag: After the Rain

After the Rain – わすれられんぼ 歌詞

明後日から飛び交う雨に 俯いて 転んでまた 鈍色になって走っていく わかっていたよ 知られることが増えるほど 増えるんだ 忘れられることも 蹴り飛ばされて 踏みつけられて 子供の頃から死にたくて 自分すらも見失うのに 君の世界に居させてくれた 歌を歌えた 歪でも確かな愛情で いいよ 君はきっとわすれんぼで ボクはわすれられんぼ だからいいよ 嫌われて 捨てられてかまわない 傘もない ゴミの向こう 思ったことうまく言えなくて困っちゃうな ...

After the Rain – 彗星列車のベルが鳴る 歌詞

さよならの台詞もなく 最後のページだ もう列車のベルが鳴る この夜空で輝いた星も 晴天の空では見落とすように 「幸せ」では「幸せだ」と 気づかなくなっていた そんな他愛のない日々が この指の隙間 零れ落ちた 終点も無いような 果てしない闇の向こう 彗星の列車で もう君は帰る 行く宛てもなく 一度脈打ったら この気持ちだって止まってくれやしないのに 言いそびれた言葉も あの夏の空の向こう側 世界中の星を集めても 霞んでしまうくらい 君は綺麗だ 羽のように 眠るように 寝息も立てずに ...

After the Rain – 傾国 歌詞

花びらを広げりゃ ほら 甘い蜜に群がる夢 指先を這わせて 今日も私の値札を興じている TOXIC DANCE AND…欺いて TOXIC DANCE AND… 蛹の中は とても見せられない代物 愛だとか 夢だとか 望めないほどの傷跡を 優しく触りあっている 情欲の劇作 傾国の華が咲く 戻れない時が欠け落ちる 今日も誰かが壊れるほどに 棘を刺す 求めるまま TOXIC DANCE ...

After the Rain – 最適な人の殺めかた 歌詞

汚れたものは綺麗なものと交換こ 汚れたボクは綺麗な君と 交換こしよ 四々 身体の隅も 君で満たしてみたいな メスで割かれた愛は お腹を空かせている 好い子にしたい するよ 好い子にしたい するよ 幸せだ ねえ幸せだ 心の空白を君で埋める 最適な人の愛しかた ボクは見つけちゃった 君が欲しくて指先にちょっと触れてみた 君が欲しくて首筋にぎゅっと触れてみた 何処を見ているの 誰と話をしているの 君の悪いとこ 糸で結わいてあげなくちゃ 好い子にしたい するよ 好い子にしたい したよ 愛してよ ねえ愛してよ 頭の中がぐちゃぐちゃになるの ...

After the Rain – 負け犬ドライブ 歌詞

狂犬 負け犬になって 何回だって噛みついて せいぜい正義の気になって 吠え散らかしていろ 先天性の自己愛脳 妄想癖適応 アイノウ そうやって 盛りついて ボクの縄張りに入ってくんな 建前ばかり何気にしてんだよ 賭ける手前で 君が一人喚き散らかしても ほら変わらないもんだ 誰の視線すらもかすりやしない 知ってる風な口きくな 正々堂々やってんの なんだい文句でもあるの 低IQなうピストルで 打ち抜いてみせてよ 言いたいことを言ってみろ 言いたいことを言ってみろ そうやって 盛りついて ボクの縄張りに入ってくんな ...

After the Rain – 脱落人生へようこそ 歌詞

一寸先が闇なんて 思っちゃいないようだ 3分半にまとめあげた ボクの未来設計 御開帳です 何気なく晒した手札のつもりが 願わずして陽の目を浴びた 咲きゃ綺麗 が世の常のようです なう 御殿がたちまち建ちました SOS… 望みやしないものばかり 知りたい キミの全て教えてよ 知りたい こと何でも教えるよ 死にたい って消しかけた未来にも 言い訳できるなら いらない なんて誰に言われても いらない って何処かに捨てられても 生きたい ...

After the Rain – アイスリープウェル 歌詞

現実感が無いまま 君の手を離す お別れのベルが鳴っている もう一回繋いでも こんな指先なんかじゃ ねぼすけな君は起きない ねえ こんなに歌っても まだ心に意味を見いだせない 大切にしてきたものほど この世界じゃ壊れていく おやすみ どんなに遠くに離れていても 泣いているのならボクが夢に会いに行くんだ 微睡の戸を叩いた 答えてユーフォリア 何度も幾度も繰り返してきた 意識を手放したなら いらない 何もいらない ただ今日も深く眠るだけ いつものとこで待ち合わせしよう 夕焼けの落ちたバス停 こんなに綺麗で目を奪う景色を 何ひとつ疑いはしない ...

After the Rain – 解読不能 歌詞

ボクも透明な空が 青く見えるはずなのに 不確かなココロも 君がくれた愛も 取りこぼしてしまう ボクには エラーを為す存在 何ひとつ間違いじゃなくても ほら 正解の証明に なりやしないな 名称だって未設定の もう不明なログデータ 未だボク達は水たまりの向こう 愛情だっけ 無情だっけ 何度解凍したって知り得ない 何かが溢れ出しそうだ もう放っておいて ねえ どうして届きもしないのに 声を出せてしまうのだろう 名付けられすぎた 陰口やあだ名で 本当の名前すらも 名乗れなくなっていた 教えて 貴方は誰なの ねえ 沈黙の回答は ...

After the Rain – アンチクロックワイズ 歌詞

絵空事なら色を切らした 声を聴こうと両耳を塞いでいる 叫び散らした警鐘と 誰かが濁したコード 我欲を喰らったココロで 調べが歪んでいく あの空は遠く 色付いている 見間違うことのない 茜色 逆さまの秒針と愛憎で 全てが叶う気がした まるで隠そうとするように 欠け落ちる未来と歯車 ココロを手繰り合う前に ゼンマイが錆びついてしまうよ 巻き戻せる術もなく ボクら 行き場ないまま見上げる 澄んだ機械仕掛けの空 傾げる首は問いかけですか それとも声を聴く気すらないのですか 野次も罵声も品評も ...

Login to your account below

Fill the forms bellow to register

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.