Tag: indigo la End

indigo la End – 冬夜のマジック 歌詞

冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いたい ストップモーション陰った頃合い 見計らった スピッツ スピッツ 尖った口をした君を甘やかしたい 時間と時間が口説き合って ゼロになるところを恋と呼んだ 100 まで一緒にいませんか? もう勝手な尺度で君想う バランスがわからない ちょっとやそっとじゃ終わらない 自信はあるけど やりすぎた寒さに慣れるように いつの間にか好きになった どうにもなりゃしない どうにも悲しくなる予感しかしない でも春が来るまで 遠回りをしてる内 時間だけ刻む冬 ...

indigo la End – Play Back End Roll 歌詞

罪が消えてゆく 決まり事の中だけで 少しはみ出せば 重くなって一緒に生きるしかない どうして幻だと気付かないんだろ 都合の良い血が通ってるだけ 終わりを繰り返しはじまりに戻して また重くして 追いかけて 問いかけて 何が正しいって言うんだよ 怖くても 叫ぶから Play Back End Roll 命の火 燃やすから もう少しだけ見ててよ ...

indigo la End – 夕恋 歌詞

水を買っとけば良かったね って会話も愛しい 少しちょうど良くないやり取りで 心を潤した 変わったTシャツの趣味が合ったり 笑いながら不安を話したり 青い恋が淡くなる前にキスをしたりした 大人になれない恋がしたいと夕に投げる このあとの夜を明かしたら あなたは笑うかな 少しずつでもいいから なんてことは言わない あなたを離さないよ 言ったわねって顔しないで 目の前の恋心より 指輪外したあなたの方が 近く浮かぶ そんなこんなが大人だなって でも 大人になれない恋がしたいと夕に投げる ...

Page 1 of 3 1 2 3